トップ >> 自分の足に合った靴を履く

困った時のための情報

靴を修理しながら長く履く

靴は、歩行するための道具でもあり、ファッションを表現する装飾のひとつでもあります。しかし長く履いていると底や生地が傷んでしまうのが現状です。そのため消耗品だと考え修理をせずに新しいものを買おうとする方がいらっしゃいます。しかし靴は履くことによってその人の足になじみ、フィットしていきます。皮であれば風合いにも変化を楽しむことができます。より長く愛用するためには底の張替え・打ち替えなどの修理をこまめに行うことが大切です。また同じものを毎日履くと傷むので2日置き程度に使用すると綺麗な状態を長く保てるでしょう。