トップ >> 葬儀専門の斎場の相場

困った時のための情報

葬儀は残された家族が

近年、葬儀にあまり費用をかけないような葬式が望まれているとのことがあります。それは亡くなった人の生前の思いである場合や残された家族にとってあまり経済的な負担をかけたくないという思いがあるようです。確かに余りにも分不相応な感じの葬儀は無用かも知れませんが、故人に対しての感謝や敬意の気持ちを丁寧に込めた葬式にする方が、残された家族の今後の生活の中においても必要なことになる場合が多いです。それは規模は大きくなくても良いのです。

葬儀に参列する際のマナー

葬儀に参列する際には言葉のマナーに細心の注意を払うことが重要です。いざという時には緊張してしまい、中々言葉が出てこないことが多いので、早めに葬儀のマナーを知っておきましょう。まず、声のトーンを抑えて、お悔やみ申し上げます等、その場にあった言葉で述べるようにしてください。そして、何よりも大切なことは心をこめるということです。言葉遣いももちろん大切ですが、心に優るものはありません。故人の死を悼み、遺族の心をいたわる、そんな気持ちで言葉を出せば、自然と心の籠った声になると思います。