トップ >> 長く靴を履き続けるには

困った時のための情報

思い入れのある靴の修理

靴は、普段から愛用し履きなれたものだと、何年経っても手放せません。少々古びてしまい、惨めになってきたとはいえ、それだからこそ手放せないものです。雨や嵐の時も、毎日生活をともに歩んでくれる大切なものです。本来、靴というのは使い捨てではないのです。大事にケアや修理をしながら、履いていれば10年20年と長く、長く履き続けられるものなのです。履いている人のそれぞれの癖や歩き方で、傷み方の違いが出ます。熟練の技術を持った職人さんが、それぞれにあった修理を施してくれます。思い入れある物は、一生手放せないものです。